第十四話 おもてなしの心 「新居へのお招き その2」

2014/06/11/| カテゴリー:おもてなしの心

第十三話 おもてなしの心 「新居へのお招き」』の続きです。

結婚生活に必要な三十八の『鍵』を回して、扉を開くのはどういうことかというと、それは「心を添えての行動」つまり結婚後に(別に住まいを持ったときには)互いの親や親戚となった人を新居にお招きすることも、その行動の一つです。 
 
最初のお招きの時には、すこし奮発したご馳走があった方がよいと思いますが、お嫁さんの手作りの漬け物や美味しい煮物で、相手のお姑さんたちの心を掴んだと言う話も聞きます。

あまり肩肘を張って、「ねばならない」「一度は、よばなければならない」との義務感に縛られるより、もっと自然に「大好きな彼(妻)を産み、育ててくれた人」を受け入れて、暖かい団欒のひとときにして欲しいと思います。

それはいずれ親になるお二人の、“将来の鏡”ともなります。やがて子宝に恵まれ、その子が成長して、結婚したときに、そっくりそのまま自分達に返ってくる思いと姿でもあるからです。

そして「心から相手を迎え入れる」そんなおもてなしをするところに、福の神様も入ってきて下さるでしょう。


タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 06:00 | Comment(0) | おもてなしの心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。