第四十七話 古いお札は、どうしたらいいの?

2015/12/15/| カテゴリー:神棚の祀り方

暮れには、神棚のお札を入れ替えますが、
古いお札はどうしたらいいのですか?

こんなご質問を頂きました。

古いお札は、半紙(あるいは白い封筒)
などで包んで
神社に持っていきます。

年末になると神社の境内には、
「古札受け所」が作られます。
(一年中、設置してある所もあります。)
shiki47.jpg

( 古札受ける所 ) 

古札受け所の前に賽銭箱があります。
五百円〜千円位(目安です)入れて
「今までありがとうございました」
とお礼を言いながら、お札を置いて下さい。

そこにはお札だけでなく
お守りなどの神社から受けてきたものも
入れられます。

別の神社のお守りでも大丈夫です。

ただしお焚き上げ出来るもの。
プラスチックや陶器のものなどは、
入れられません。

神社で求めたお守りなどは、
「勝手に捨てるのも失礼だし、
でもどうしたらいいの」
と思っている間に
いつの間にか、たまってしまいがち。

引き出しを片付けると、案外出て来ます。

十二月はそうしたものも、
お礼と共に神社にお返しするとよいです。

神主さんが、お祓いをしてから
お焚き上げをしてくれます。


タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 06:00 | 神棚の祀り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。