心と人生をすり減らさないためにも

2016/05/23/| カテゴリー:心と身体の健康

スケジュールが、
ぎちぎちに埋まっていることが、

仕事が出来る人、そして商売繁盛と、
思っている方もいらっしゃいますね。

私も、面かぶりクロールのように、
息継ぎもしないで、
次々と進めていた時期がありました。

でもこれは・・
遠からず限界がきます。

朝早くから、夜遅くまで
これはいいことのようですが、

どこかで時間の遊びを入れる
どこかでゆとりを持たせる。

どこかで自分をいたわる時間を持つ。

自分の身体を休める、
心を休めて、潤わせる。

ゆ・と・り

骨でも継ぎ目に
何の遊びもなかったら、

骨と骨とが互いにこすれ合って
傷ついてしまったり、

すり減ってしまったりするでしょう。

もしかしたら、ゆとりのない状態は、
そんな状態かもしれないのです。

身体をすり減らし、
心をすり減らしている時、

あなたの本当の力が、
10分の1も出ていないかもしれません。


時速200キロで走れる車なのに、
いろいろなつまりが出て、

時速20キロでやっと動いている、
そんな状態かもしれないのです。

1週間の中に、1ヶ月の中に、
「ここは自分をいたわる時間
潤わせるための時間」と、

先予約してしまいませんか?

私は、遅読なため、
まだすべては読み切っていないのですが、
shiki153.jpg

コヴィ−博士の七つの習慣

そこに書かれている
『緊急でないが、重要なこと』

そこをまず先に手帳に
予約してしまいなさいとありました。

自分の身体と心をいたわること、
そのための時間は、

緊急でないかもしれないが、
最も重要なことのひとつに、
含まれます。

人は、ともすると
『緊急かつ、重要』となるまで、

自分の身体のことも、心のことも、
その悲鳴を無視してしまいがちです。

人生のスケジューリングの中には、
心と身体をいたわる時間もとる。

仕事人間にとって
もっとも忘れがちなことかもしれません。

どうぞ自分の心と身体をいたわって、
長期で活躍できるあなたに。

そして人生を
さらに加速させてくださいね!

あなたの活躍を、
待っている人がいるのですから。


タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 07:59 | 心と身体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。