慢心と停滞を取り除く法 その1

2016/06/20/| カテゴリー:神社参拝の仕方

「何となく社内がぎくしゃくしているな」
「部下や家族が自分に心を開かない」

「あの仕事以来、取引先の人と
どうも気まずいな」
と思うことはありませんか。


人は、日々の暮らしの中に、
いつの間にか『滞りの元』をためてしまいます。

それは何気なく発した言葉が、
相手の心に深く刺さってしまったり、

仕事上に起きたトラブルが、
何ヶ月たっても尾を引いて

それ以来気まずいまま
ということが起きているからです。

しかしそれは目に見えないモノなだけに、
どのくらい大きいものか、
深いものかがわかりにくく、

長い時間、それに悩まされながら、
解決の道を見つけられないで
苦しんでしまうこともあります。


また業務面でも
いつの間にか惰性で仕事をして、

停滞や慢心から大きなミスが
出てしまうということもあります。

自分の中の慢心を一掃し、
社内の停滞を取り除きたい。

そして快速に進める環境を作りたい。

そんなときには、いつ、どこで、
どのようにして行ったらよいのでしょうか。

今月は、そんな願いに
ふさわしい月と言えます。

それは六月の末日に
水無月の大祓があるからです。

大祓では、長い間心に溜まった詰まり
胸のつかえなどもとることが出来ます。

そのときにすっきりと
その滞りを取る為の方法、

大祓についてのことを、
明日から何回かに分けてお伝えします。
タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 13:26 | 神社参拝の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド