本番に強くなるために、自分に活を入れる言葉

2016/08/08/| カテゴリー:念と言霊

自分は、本番に弱く、
緊張して、普段の半分も力が出せません。
気が小さいのかもしれませんが、
本番に強くなる方法はありますか?

今日は、このご質問に答えて。
*******************************

本番に強い人と弱い人がいますね。

今日は、ここ一番の時に、
怯まないで自分の力を
存分に発揮出来る言葉、

本番前に自分に活を入れる
言葉のポイントをお話しします。

まず神様に願い出るときの言葉と
自分に活を入れる言葉の違い
をみてみます。

たとえば、交渉ごとやプレゼンなどの成功、
それを神様に願うときには、

「この交渉が、成功しますように」
「このプレゼンが、成功しますように」
ですが、

本番前に、自分に活を入れるときには、

「この交渉を、素晴らしいものにする!」
「これから素晴らしいプレゼンをする!」

こう言い切って、本番に臨んで下さい。

自分への宣言で、
「成功しますように」
「○○が出来ますように」
はタブーです。

反対に「失敗しやすく」なります。

なぜなら人は、「成功しますように」
「失敗しませんように」
といった瞬間、

「うまくいかなかったら、どうしよう」
「失敗したらどうしよう」
の思いが同時によぎるからです。


これはスポーツの試合も同じです。

必勝祈願として、
神様にお願いするときには、

「最高の試合が出来ますように」
「そして勝てますように」
とお願いしますが、

試合前などに、自分にいう一言は、
「今から、最高の試合をする!」
と宣言します。

本番に強い人は、この自分への
活の入れ方がうまいはずです。

あなたも、今以上に、
ここ一番、本番に強くなって、
より大きな成功を収めて下さい!


posted by 藤原 美津子 at 13:00 | 念と言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。