欲得が過ぎると、神様に手を引かれる

2016/09/11/| カテゴリー:神様への祈願の仕方

欲のない人は、
おそらく一人もいないでしょう。

しかし・・それが度を超えると、
神様から手を引かれてしまう
というコワ〜イ話です。

株などで「儲かった〜」
と喜んでいるうちはいいですが、

それが加熱しすぎて、
本業がばかばかしくなるほどに
暴走した時には、

一気にバブルがはじけるなどして、
その熱が冷まされたことがありました。

人は何らかの形で世の中に貢献して、
そしてその対価を頂く。

その原則を忘れて、
欲で目の前が真っ赤になり、
本業すらおろそかになってしまった
バブル絶頂の時代。

(もうそれを知らない人も、多いでしょうか?)

しかしそれは、
神の意ではないのは、
今も変わりません。

「金・金・金」と目が血走っている人
ギラギラしている人の願いは、

「神の関わることではない」と
黙って手を引かれてしまうことが多いのです。

その後にやってくるのは・・
そうです。神ならぬ、ニセモノ
魑魅魍魎(ちみもうりょう)たちです。


ギャンブルで、大きく儲けても、
なぜか自分の手元には残らずに、
気がついたら借金が残っていた・・
という人がありますね。

それに似ているのです。

だから欲は、神様に顔を
しかめられない程度にほどほどに!



posted by 藤原 美津子 at 07:51 | 神様への祈願の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。