一生懸命なだけでは、神様への祈願は通らない

2016/10/06/| カテゴリー:生き方

一生懸命に生きる人が、
必ずしも報われるとは限らない
世の中です。

「それは世の中が悪いから」
「それはやり方が悪いからだ」
「自分本位の一生懸命では、通用しない」
という面もありますが・・・

実は神様に祈願するときも、
一生懸命にしているだけでは、


取り上げてもらえないという
厳しい現実があります。

それは、なぜかというと、
一生懸命にしていることが、
すべて正しいとは限らないからです。


そして異なることに、
一生懸命になればなるほど、

自分の本来の人生から
外れていき、
遠回りすることになるからです。


世の中に与える問題が
出るかもしれません。


あるときに、

「この方は、
一生懸命にしていますので・・
(なんとか!)」
と神様にお願いしたときの、

神様からのご返事は
次のようなものでした。

『一生懸命することは、
泥棒でも、詐欺師でも、
一所懸命にする。

人から盗むために、
人をだますために。

大事なのは、
何に一生懸命になるかだ。

異なった方向に一心に行えば行う程、
世の中を狂わすこともある。
見誤るな」

と、ご注意を
頂いたことがありました。

自分が一生懸命に
やろうとしていることが、

天の意に叶っていることか
どうかということですね。

ですから何か、大事なことを
進める前に、

どうぞ心を鎮めて、
「このことを進めることは、正しいか」

こう自らに問いかけてみてください。

あなたが、それに一生懸命になるに
値するかを見極めるためにも。


posted by 藤原 美津子 at 14:22 | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。