成功している経営者が、なぜ神様を大切にするのか

2016/10/12/| カテゴリー:日本の伝統的な先祖供養


成功している経営者、
世の中に貢献している方、

素晴らしい結果を出している
経営者の多くは、

自分が大事にしている
神様を持っています。

たとえ密かにでも。
それはなぜかというと、
「人知では及ばないことの
加護を願い出るため」です。

自分の力がどんなに優れていても、
自分や社員がどんなに努力しても、

収穫の寸前に、
世の中の大きな台風が来てしまったら、
根こそぎ倒されることもある。

足下から大地が崩れたら、
根底から無くなってしまうこともある。

しかし仮に一時倒されても、
いったん無になっても、
そこから必ず立ち上がれる力、

経営者である自分に、
その力を授けてくれることを
祈るからです。

老舗と言われ、
何百年と存続してきた会社は、
幾度も幾度も、
大きな危機を乗り越えてきました。

今、成功している方でも、
必ず失敗、挫折、苦悩を乗り越えての
現在です。

失敗した時、挫折したときに、
そこで辞めてしまった人は、
成功者になっていません。

どんなときでも立ち上がる力
それを授かれるのが神様の前です。

どんなときにでも、ネバーギブアップ!

そして必ず成功者となって下さい。


posted by 藤原 美津子 at 09:24 | 日本の伝統的な先祖供養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。