経営者は、なぜ神仏の後押しを必要とするのか

2016/10/26/| カテゴリー:経営者の心得


経営者が、
なぜ神仏の後押しを必要とするのか。

それは
「経営者が本当の意味で頼れるのは
神仏しかない」からです。

たしかにメンターと呼ばれる人や、
優秀なコンサルタントの方たちも
力強い味方になってくれるでしょう。

しかし大願成就を望む人や、
十年先まで、あるいは百年企業を
目指す方は
それだけでは足りないからです。
自分自身のヒラメキ、
危険回避に必要なアンテナ、

絶体絶命と思われる時にも、
あきらめない、投げ出さないで
持ちこたえられる気力、

メンターの指導、社長社員の頑張り、
それを活かす機会・縁などに恵まれること、

それらは目に見えない
神仏の後押しがあって得られます。

本当に成功されている人、
長期で成功し続けられる人は、
このことに気がついています。

一度二度のまぐれ当たりは、
「運に恵まれれば」
叶うかもしれません。

しかし成功失敗を繰り返しながらも、
世の中の流れに飲み込まれずに、
長期で繁栄し生き残るためには、

「なぜ神仏の後押しが必要なのか?」

と問うこと自体が
おかしいと思いませんか。


posted by 藤原 美津子 at 09:00 | 経営者の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。