出張先で、神社にお参りするときの注意点

2016/12/09/| カテゴリー:神社参拝の仕方

私は、神社が好きで
出張先でも、よくお参りをします。

神経を使う交渉の合間などに、
境内を歩くと、本当に気持ちが和みます。

出張先で神社にお参りする時の
注意点などはありますか?

今日は、このご質問にお答えして。****************************
あなたのように、出張先でも、
神社にお参りされる。そして
静かな境内を歩いて、心が和む、

そんなお参りの仕方は
とても素晴らしいと思います。

それでなくても、
神経を使う出張先、

日本は、全国どこに行っても、
必ず神社があって
本当にいいですね。

ですが、一つだけ
切り替えて欲しいことがあります。

それは「出張のついでに、神社にお参りする」
と思っておられる点です。

一般的にも
「仕事で、九州に行くので
ついでに○○神社にお参りしてきました。」

「旅行のついでに、
ご利益のある神社があったら
行ってきたいのですが・・」

こんなお話をよくお聞きします。

しかしこれで
「ご利益がありますか?」
と聞かれると、

「いえ、あまり期待しない方がいいです・・」
とお答えせざる得ません。

それはなぜか?
神様からの働きかけは、

「相応の理」といって
人の思いに比例して、
変化するからです。

この相応の理とは
「人が、ついでにお参りした時には、
神もまたついでに、その人のことをしてくれる」
ということです。

人がついでにしてくれるのは、
一週間に一回か、
一ヶ月に一度あるかもしれませんが、

神様のついでは、
千年に一度もありません。

高い神様になるほど、
その時間は長くなって、

十万年に一度あるかどうかと
と言われています。

つまりこの世で生きている間に、
その神様からの恩恵を受けられるのは、
まずないと思った方がいいです。

ではどうしたらいいかですが、
「仕事のついでに、○○神社にお参りを」
という思いの方を切り替えればいいのです。

実際には、出張の予定が
先に決まったとしても、

「○○神社にお参りする時に、
この仕事もさせて下さい」
と思いの方を切り替えたらいいです。

この切り替えをするだけで、
神社参拝が何倍も価値あるものになります。
posted by 藤原 美津子 at 06:00 | 神社参拝の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド