第三十五話 結婚などで頂いた、のし袋はどうしていますか?

2015/04/22/| カテゴリー:結婚するとは

結婚式の時にお祝いで頂いた「のし袋」を捨てにくいという方、多いのではないでしょうか。大事に芳名帳などと一緒の箱にしまっておいたり・・それは、なぜでしょうか。

日本では、お祝いの時など「お金を出す」という言い方をせず、「お金を包む」と言いますね。それはお金と共に、お祝いの気持ちを込めて、のし袋に包むからです。友達や親戚の皆さんの祝福の心・・・「どうぞお幸せに」という思いがそこに包まれている、それは捨てにくいですね。

ですから、箱などに入れて何年も大事に取っておいても、かまわないと思います。もし処分するときには、そのままゴミとしてバサッと捨てたりしないで、「ありがとう、皆さんのお祝いの気持ち大事にします」とのし袋に向かって言ってから、お焚き上げした方がよいでしょう。

35.jpg

続きを読む
タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 06:33 | 結婚するとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二十五話 母の思いこそ、最高の嫁入り道具

2014/08/22/| カテゴリー:結婚するとは

結婚するときに、「母の味を引き継いで、嫁入り道具に」とお勧めしていますが、
十月に結婚する方から、こんなメールを頂きました。
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * *
 
いつも、ありがとうございます。

『母の味』ですが、「梅干しとイワシの生姜煮」を作るようにしています。

母が「新生姜の甘酢漬け(自家製)で作ってみたらどう?」とアドバイスをくれました。 また違う味になり、母も姉も「美味しい!」と言ってくれました。

母のアイデアでまた違う母の味を作る事が出来て嬉しかったです。
あとは鰹節で作る「めんつゆ」を最近作っています。
umebosi.jpg

続きを読む
posted by 藤原 美津子 at 00:00 | Comment(0) | 結婚するとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二十一話 結納は、必要ですか(質問に答えて)

2014/07/30/| カテゴリー:結婚するとは

秋に、結婚を控えている方から、「結納は、必要でしょうか」というご質問を頂きました。

はい。必要です。結婚の打ち合わせの中には、「結納をするかどうか」ということも入っているそうですが、「結納と結婚は、二つ揃って意味がある」からです。

詳しくは、「心を添えてこそ美しい 日本のしきたり」の本を読んで頂きたいのですが、結納とは「この人と、一生添い遂げます」という「結び納め=結納」を意味します。それを神様に報告することによって、結婚式の時に「三十八の鍵」を受け取ることが出来ます。それは結婚生活を円滑にするための、神様のからの大切な贈り物です。


続きを読む
posted by 藤原 美津子 at 19:58 | Comment(0) | 結婚するとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第五話 現代版の花嫁道具 母の味を受け継ぐ

2014/02/05/| カテゴリー:結婚するとは

遠距離恋愛を成就させて、ついに結婚することになった百合さん(仮名)。

お祝いの言葉と共に「結婚前に何かお母さんの味を受け継いで、それを嫁入り道具の一つにして嫁いだらいいですね」とお伝えしたのですが、そうはいっても結婚前の忙しい毎日です。何ヶ月も何もしないまま、いよいよ結婚一ヶ月前になってしまいました。

結婚したら実家とは遠く離れてしまいます。「お母さんから、直接料理を教えて貰えるのは、今しかない」と気がついた百合さんは、その時になって「お母さんの味を何か絶対に持って嫁ごう」と思い立ちました。



続きを読む
タグ:全記事一覧
posted by 藤原 美津子 at 19:18 | Comment(0) | 結婚するとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド